3 Minute English!

「サウスポー」は使わない?

Hi ! David Thayneです!!

今日、弘樹はマイケルの家に遊びに行き、いっしょにメジャーリーグ観戦をしました。そしてチームについて、いろいろな話をしていたときのこと。

The Giants have four southpaws on the team this year.
今年、ジャイアンツにはサウスポーが4人いる

弘樹がこう言ったら、マイケルが「southpawはかなり古い言い方だよ」と教えてくれました。
southpawには「左利きの(選手、人)」という意味があります。「サウスポー」というカタカナ語にもなっているので、日本人としては使いやすい言葉です。
けれど、このsouthpaw、少々古めかしい感じのする言葉です。イギリスでは、ボクシングで「左利きのボクサー」という意味の場合などで用いられることもありますが、一般に「左利きの人」を表す場合はほとんど使いません。
「左利きの人」という場合、left-handerを、「左利きの」という形容詞としてはleft-handedという語を用いるのが一般的です。
ちなみに、leftyも「左利きの人」「左利きの投手」「左利きのサッカー選手」などの意味でよく用いられます。けれどこの言葉は差別的に用いられる場合もあり、左利きの人の中には、この言葉を好まない人もいるので、使うときには注意が必要です。考えてみると、“righty”という語は使われないのですから。

というわけで、弘樹の言葉は、こんなふうに言った方が自然です。

The Giants have four left-handed players on the team this year.
今年は、ジャイアンツには左利きの選手が4人いる

ワンポイント
――「今年」はin this yearではない!――
年を表すときには、前置詞としてinを用いますが、「今年」というときは、in this yearとは言わないので注意。this yearを副詞句として用いるため、前置詞は不要なのです。todayやyesterdayにonを用いないのと同じです。inを用いるのは
in the year 1980
のように、具体的な年を示すときです。

また、the man of the year「その年を代表する人」のように言うときは、前置詞はinではなくofになるということも併せて覚えておきましょう。

次回もお楽しみに!
:Dセイン

入会の流れ

メルマガ会員募集

デイビッド・セイン英語ジムトップ

単語塾音声ダウンロード

資料請求・お問合せ お申込み 無料体験おためし版