3 Minute English!

似た表現 theの有無でこんなに違う!

Hi ! David Thayneです!!

今日、弘樹が取引先の担当者に電話で連絡をしたときのこと。同僚のアメリカ人が電話に出て、こう言いました。

He left office.

そこで、「何時ごろお戻りになりますか?」と尋ねてみると、そのアメリカ人から、「いやいや、もう戻ることはないですよ」という返事が。

He left office.って、「オフィスを出た」っていう意味じゃないの?
もちろん、officeはふつう、「事務所、会社」などの意味で用いられます。けれど他に「政府や組織などでの責任ある地位、役職」という意味もあります。そしてこの場合、無冠詞で用いられることが多いのです。
そのため
He left the office.
というと、「彼はオフィスを出た」という意味になりますが、
He left office.
というと、「彼は仕事を辞めた」という意味になるのです。
この二つ、単にtheがあるかないかの違いだけの文章ですが、意味がこんなに変わってくるのですね。
同様に、次のような言い方もできます。
be in officeで「在職している」
be out of officeで「在職してない」
take officeで「(特に政府の)役職に就く」

ワンポイント
――the schoolとschool――
①the school
②school
これらのニュアンスは違います。
①建物・制度としての学校、学校の全校生徒
②授業、学校生活
そのため、「学校はおもしろい?
と子供に聞くときは
How do you like school?
と無冠詞で表します。

次回もお楽しみに!
:Dセイン

入会の流れ

メルマガ会員募集

デイビッド・セイン英語ジムトップ

単語塾音声ダウンロード

資料請求・お問合せ お申込み 無料体験おためし版