3 Minute English!

グッドラックのジェスチャー

Hi ! David Thayneです!!

弘樹は、今日初めてのプレゼンテーションに挑戦しました。
「じゃあ、がんばってくるね」と同僚のマイケルに言って、部屋を出ようとしたとき、マイケルが弘樹に向かって、人差し指と中指をクロスするジェスチャーをしました。
これってなに!?

これは、アメリカではクロスフィンガーといって、Good luck! の意味
もともと聖なる十字架の形を表したもので、神頼みが必要な人などに向かって「あれこれ心配するな。とにかく幸運を祈る!」という感じで使います。ふつう、手を肩の高さくらいまで上げて手のひらを相手の方に向け、十字を示します。マイケルは、弘樹のプレゼンテーションの成功を祈って、応援のジェスチャーを送ってくれたのです。
クロスフィンガーは、「約束だよ」と念を押すときにも使います。よく使われるジェスチャーなので覚えておくと便利です。
さらにこのジェスチャーはcross one’s fingers、あるいはkeep one’s fingers crossed (for you)という形のイディオムとしてもよく使われます。
たとえば、これからテストを受けに行く相手に向かって、こんなふうに言うことができます。

Take it easy! I’ll keep my fingers crossed for you.
(固くならないで! 幸運を祈ってるよ)

ワンポイント
――もうひとつのクロスフィンガー――
このクロスフィンガーには、もうひとつの使い方があります。
たとえば軽いうそをつくときなどに、たたりを避けるための“おまじない”として行うのです。この場合は手を背後に回し、手の甲を背に付けて人目につかないように十字を作ります。後ろから見ている人が、こっそり十字を作っていたら、その人の言っていることは「うそ」かもしれません!

--------------------------

次回もお楽しみに!
:Dセイン

入会の流れ

メルマガ会員募集

デイビッド・セイン英語ジムトップ

資料請求・お問合せ お申込み 無料体験おためし版